季節の変わり目の風邪は

暖かい季節から寒い季節への移り変わり。いわゆる“季節の変わり目”には、体調を崩す人が多くなります。

季節の変わり目に「なんとなく調子が悪い」という人の中にはもちろん、メンタル的な不調を感じている人もいますが、「風邪をひいてしまった」という人が大半なのではないでしょうか。

定期の依頼で綺麗を保つ

「季節の変わり目には風邪ひきさんが多くなる」…その実感は否定できませんが、では、実際の数字で見た場合、これは事実なのでしょうか?

健康保険組合連合会(健保連)が調査した、興味深い統計があります。風邪で病院を受診した患者数の1年間の増減を見てみると、8月~9月の夏期は風邪をひく人が1年でもっとも少なくなっている一方で、10月~3月は夏期のおよそ1.8倍もの人が風邪をひいてしまうようです。

では、気になる「季節の変わり目」の傾向はどうでしょうか?10月~12月の風邪の患者数は高止まりしていますが、注目すべきは9月中旬から10月中旬までの増加率。このわずか1ヶ月の間に、風邪の患者数が約1.5倍に急増しています。

代行業務をオーダーメイドできる

この期間の日本は「秋」…つまり「季節の変わり目」というわけです。
以上のことから、統計的にも季節の変わり目に風邪で体調を崩す人が多くなる、というのは事実であることがわかりました。が、ここで重要なのは統計による裏付けができた、ということではありません。

一番重要な問題は、その季節の変わり目に増加する“体調不良者”の中に、いかにして自分自身が含まれないようにするか、ということです。「風邪をひいてしまったら、病院に行って薬をもらい、ゆっくり休むしかない」確かにその通りですが、できることなら寝込むほど重症化させたくないですし、さらに言えば風邪自体ひかないようにできればベストです。

栄養のある食べ物を食べる、体力をつける、日常的な手洗いうがいを励行する…などなど、様々な「風邪対策」が知られていますが、どれがもっとも効果的で、なおかつ実践しやすいのでしょうか?

服以外のところでのアクセントを

また、予防をしていたのにも関わらず風邪をひいてしまった場合、どう対処すれば良いのでしょうか?さらに、「風邪と混同されやすい病気」として知られる「インフルエンザ」とは何でしょうか?

こういった“風邪に関する素朴な疑問”を解消して、風邪をひかない/風邪に負けない健康的な毎日を過ごしましょう。風邪(+インフルエンザ)の種類を知り、それぞれに対応した予防策と緩和策を学び、早速今年の季節の変わり目に備えておきましょう。

Copyright(c) 2015 季節の変わり目の風邪は All Rights Reserved.